駆動の冬‼︎

こんにちは!鳥プロ36th駆動班の西です。

ブログの更新が遅くなってしまったのは、次期班長の井手本がブログをなかなか書いてくれなかったからです(怒)。

今回は、駆動班の作業内容について書きたいと思います!

駆動班は、今のところ駆動と名のついたものを扱ってないので、駆動班という名前をやめてフレーム班にしたほうがふさわしいんじゃないかなと思ってます。

僕たちは、現在各マウントの製作を行っています。世間はクリスマスが近づきとてもホワイトが似合う雰囲気を醸し出してますが、駆動班はカーボンプレートをやする作業内容が多いのでいつも手は真っ黒です!
手は真っ黒ですが駆動班はとてもホワイトな班なので、来年の新歓期には「駆動班に入りたいからWASAに入った!!」っていう”飛びワケ”ならぬ”入りワケ”を持った後輩がきてほしいですね!(笑)

マウントの製作はとっても大変な作業です。まず駆動設計が各マウントのデータをCADで作ります。ここでミスがあるとこの後すべての進捗にかかわってくるのでとても重要です。
データが完成したらCNCでカーボンプレートを切り出します。CNCの切り出しはモノによっては何時間もかかるので、先輩方は交代しながら作業に当たります(あんま手伝いに行けなくてすみません💦)。しかもパピルス(CNCの別名)は気分屋なのでとても厄介です(最近はご機嫌斜めなのかな?)。
切り出しが終わったら、ここからは全部手作業です。切り出した断面はとってもザラザラなのでやすりでひたすらやすります!やすりといってもチャランポランにやってると全部没です。しっかり組み立てができるよう慎重にやすってます。
今現在の作業進捗はここまでです。ここから先の作業はわからないので先輩たちに教えてもらいながら、積極的に作業にかかわっていきたいですね!!

駆動班の作業は精度が大切なので細かいところにこだわり寒い冬をみんなで乗り越えながら作業したい思います!!

カテゴリー: ブログ, 作業報告, 駆動・フレーム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。