有意義な夏だったって一度くらいは言ってみたいよね(駆動班長挨拶)

どうも、19年執行駆動フレーム班長の遠藤です。どうせ身内しか見てないであろうブログなんですが、将来WASAの一員になる子達が見ていると信じて今回の担当を務めさせてもらいます。

 

夏休みが終わってしまうぅぅーーー!!この原稿を書いてる時点で残りはあと3日!!!

帰省と交流会等鳥関連のイベント以外この夏休みは遠出をしませんでした…

北海道と沖縄に行ったペラ班長とか、現在進行形で台湾?旅行に行ってる輩に物申したいですね。夏休みの終わりに「この夏休み、何か為になるような事したっけ?」と振り返った経験は皆さんあると思いますが、まあ高確率でたいした事できてないですよね。悲しい気持ちになる夏の恒例行事の一つです。

 

ということで、我々駆動班がこの夏休みにやったことについて話していきたいと思います~

 

まずはモックアップ!

背もたれの角度 椅子からペダルまでの距離など、パイロットが機体を操縦しやすい体勢を模索してその距離を測定する、というものです。この測定の結果をもとに機体のフレームの設計やフェアリングの設計をします。

今年は例年より寝そべった体勢になりそうです!

 

次にかんざしの試作!

WASAではいままで桐を使ってかんざしを製作していましたが、六甲ワークスさんにマイクロバルーンを用いたかんざしの製作方法を教えて頂いた(ありがとうございます!)のでその試作をしました。

表面がなめらかでいい感じに出来ました!!マイクロバルーンは桐と比べて膨張しないのが利点です!正式に採用するかはまだ決まっていませんが前向きに考えています。

 

まだやったことは色々とあるのですが、長くなるのでここまでで。

 

駆動班が忙しくなるのは翼桁が届いてから。そこから先が勝負です。これから本格化していく作業に負けず精進していきますので、引き続き応援よろしくお願いします。

カテゴリー: ブログ, 作業報告, 駆動・フレーム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。