PM挨拶

はじめまして、35代プロジェクトマネージャーの立岩です。はじめにPMの役割について軽く紹介します。

プロジェクトマネージャ: project manager)とはプロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を持つ職能あるいは職務である。――Wikipediaより

ざっくりしすぎですが、なんか凄そうですね!WASA鳥人間ProjectにおけるPMはプロジェクトの全体を取りまとめる人のことで、仕事は主に二つあります。

  • 全体のスケジュール管理

WASA鳥人間Projectでは5つの班に分かれて機体の制作を行っていますが、作業場のスペースや試験の日程の関係で各班の作業進度を調整する必要があります。そこでPMの出番です。はじめに全体の予定を組んで、その後各班の実際の進捗に合わせて微調整しながらプロジェクトの成功を目指します。各班長や設計に「進捗大丈夫ー?」と圧をかけます優しく声かけします。

  • 種々の試験における全体指示出し

TFや全組み試験で機体を組み上げる際に全体への指示出しを行います。また、トラック側のペラ班長と連絡を取って、ものを持ってくるタイミングを調節します。大声大会です。私は大声出すのが苦手なので最初の頃は苦痛でしたが、慣れてくると自分の指示にみんなが返事して動いてくれるのが楽しいです。WASAの人聞いてくださ〜い!!

PMの役割はそんな感じです。ところで、9月に入りましたがまだまだ暑いですね。平成最後の夏が終わろうとしていますが、皆様はどのような夏を過ごしましたか?私の夏は、一言で言うと「鳥人間の夏」でした。TF、鳥コン観戦、記念飛行、HPA飛行会、交流会、作業場見学、秋TF、それに普段の作業。鳥人間がなくなったら自分の日常は空っぽになってしまうのではないかと、今から引退を憂いています。遊びの方もWASAのみんなと過ごすことが多く、BBQしたり、花火を見たり、スポッチャしたり、飛行神社にお参りしたり、京都観光したりと楽しかったです。

最近「サマーコンプレックス」なる言葉を知りました。思春期に自分の思い描くきらきら眩しい「正しい夏」を過ごせなかったせいで、ずっと「正しい夏」に対する執着を捨てられないことだそうです。私も漠然とそのような思いを抱いていましたが、今年の夏でサマーコンプレックスは克服した気がします。WASAのみんなと心に残る瞬間をたくさん共有できた、良い夏でした。

夏は終わりますが、夏休みはまだ半分あります。「楽しかった」だけで終わらないために、飛行機を完成させてパイロットを飛ばすために、PMとして、いちメンバーとして日々精進します!

カテゴリー: ブログ, 全体・代表(チーフ)・広報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。