今年のペラってどんなペラ?

初めまして!

WASA鳥人間プロジェクト18執行代プロペラ班長を務めさせていただきます荒田です。

毎年WASAのプロペラ班はキャラが濃いだのうるさいだの言われていますが、今年はどんな班かって???

ずばり! 例年以上に個性的な班 と言ってよいでしょう!

唯一まともな班長を除き、作業場のお菓子を片っ端から食べる者頑なにワンオクを流したがる者保護メガネを顔に5つもかけて喜ぶ者など、もはや僕には手に負えない班に育ってしまいました。  どこで道を間違えたのやら…

さて、冗談はこの辺にして、そんなプロペラ班がどのようなペラを作っているのか紹介させて頂きます。

今年は昨年度までのペラからの大幅な軽量化を図るため、スタイロ充填ペラからバルサペラへの製作法変更を行いました。

初めはわからないことばかりでしたが、夏休みから何度も何度も試作を繰り返して自分たちの技術を身に着け、なんとか本番ペラを製作できるレベルに達しました。

以下の写真は、今年の夏に製作したテストピースたちの一部です。

スタイロ前縁材を挿入してみたり、真空引きを用いたカーボンクロス積層をしてみたり、マイクログラス積層をしてみたりと、僕だけではなく班員が思いついたこと他大様からお聞きしてやってみたいと思ったことは片っ端から試してみました

そして、先月から本番ペラの製作を開始しました、写真は下面の外皮を貼り終えた段階の本番ペラです。

今年度は予備ペラを含めて4本製作する予定です。
例年以上に忙しいですが、

個性豊かで熱心な班員と共にWASA史上最高と呼べるプロペラを製作してみせます!

今後とも応援よろしくお願い致します!

プロペラ班 班長 荒田

カテゴリー: プロペラ, 作業報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。