翼班の飛ばなきゃならないワケ!!

こんにちは、32代翼班長の二瓶です。

今日は翼班員の「飛ばなきゃならないワケ」を皆さんに知ってもらいたいと思います(*^^*)

 

32代 班長 二瓶

私は、設計者の尾内くんとパイロットの萩原君くんを鳥人間コンテストのプラットフォームに連れていきたいです。2人はパイロットとしてトレーニング、設計者として設計に取り組んでいますが、それだけでなく、彼らは翼班の一員として翼製作にも励んでくれています。
32代の翼班は、私と彼ら2人の3人です。私が何か困っていれば、設計者とパイロットの2人がフォローしてくれる頼もしい2人です!いつも本当にありがとう。
翼班の作業中でも2人を見て入れば、鳥コンへの思いの強さを感じることが出来るし、それは私だけでなく、33代も同様に感じているはずです。WASAの仲間として、また翼班の仲間として、2人の頑張りが是非とも琵琶湖で発揮して欲しいと強く思っています。

 

33代 Y.I.

機体を飛ばしたい、琵琶湖のきれいな湖に自分が作った機体を飛ばしたい

そして作り上げた機体が飛んでいるところを見ている苦楽を共にした仲間たちをこの目に焼き付けたい。

 

33代 M.N.

ただただ純粋に自分が作ったものが 飛ぶ姿を見たい。これがわたしの飛びたいワケです。 かっこよくて憧れていた鳥コンはテレビで見るものであって、まさか自分が製作に携わるとは思ってもみませんでした。 実際の作業はあの壮大な姿とはうらはらに、とても地道なものでした。でも、なぜかこのギャップがわたしの飛びたい気持ちをより大きくしました。飛ばすために大変でも頑張ろうと思えるし頑張ったからには飛ぶ姿が見たいと思います。このシンプルな気持ちがわたしの飛びたいワケです。

 

33代 M.H.

飛びたい理由は2つあります。1つは、去年プラットホームで涙を流した先輩方を見て、今年こそは飛びたいと思ったからです。 もう1つは高校の同級生の入っているチームの機体が去年飛んだのを見て、自分のチームの機体も絶対に飛ばしたいと思うようになったからです。
作業風景_4433
(翼製作の様子)

33代 Y.T.

去年の夏、琵琶湖で先輩方が作った機体を飛ばすことが出来ず私たちはとても悔しく悲しい思いをしました。 だからこそ絶対に飛ばしたい! 琵琶湖で先輩方と一緒に喜びたい! 今年は雪辱を果たします。

 

33代 M.I.

飛びたいワケは 「将来のため」です。 ぶっちゃけ作業は辛いけど、ここでできた仲間や作り上げた機体ははきっとかけがえのないものだと思ったから

33代 N.K.

去年夏、私は初めて生で鳥人間コンテストを見ることができました。これは先輩と何代にも渡ってWASAを支えてきたOBさん達の努力のおかげで見れたものです。しかし、せっかく作ったThermopylaeもあのプラットフォーム上での少しの故障により棄権を余儀なくされました。当時一年生として応援席にいて現況を知らない私はモニター一杯に映し出された棄権の文字を見るまではウソだと信じたかったです。執行代が変わってから何ヵ月経っても、夢の大舞台まで行きながら飛べなかった悔しさを一度も忘れたことはありませんでした。今度こそ私の代も琵琶湖のプラットフォームに立って、WASAの皆とで作った人力飛行機を能力の限界まで飛ばしてあげたいです!そして同じ翼班の先輩でもあるパイロットの萩原さんに思いっきり空を飛んで欲しいです!!]

 

33代 M.T.

鳥人間コンテストはわたしの小さい頃からの憧れです。実際に機体製作に携わってみると想像以上に地道な作業が多く大変でたくさんの人たちとの繋がりの中で一機を作り上げているのだと知りました。鳥proみんなの想い、昨年感じた悔しさ、先輩方の想いを乗せて、fortisを飛ばしたいです。

 

33代 R.M.

去年の悔しさを晴らすのはもちろん、幼い頃からの憧れ、10年間ずっと夢見てきた鳥コンで結果を出したい 早稲田に進学が決まってからはWASAに入ることしか考えていなかった

 

DSC_0225
(理工展で展示した翼)

 

一人一人が鳥人間コンテストへの思いを抱きつつ、気持ちを1つにして活動に励んでいます。
目指せ鳥コン!!!

 

 

カテゴリー: ブログ, 主翼, 全体・代表(チーフ)・広報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。