鳥コン2016へ

こんばんは。WASA鳥Pro32代(’16年度)代表のもとやすです。

昨日10月10日、WASA50周年記念報告会が開催されました。午前中は31代(’15年度)の翼班長、プロペラ班長、フェアリング班長、電装班長、駆動・フレーム班長、パイロットによる1年間の活動報告、そして32代(’16年度)の各班長による活動報告・活動予定を発表しました。

午後からは31.32設計と代表が発表し、続けてWASAのほかのプロジェクト(ロケットPro、天文Pro、電装Pro)の発表もありました。

WASA50周年記念報告会についてはまた鳥ProのProject MnagaerでありWASA新幹事長であるそごちかくんから報告があると思います。


 

図1                   プラットフォームへ向かうWASA

図2                             集合写真

昨日の報告会スライドでも映し出された、僕たちWASA鳥人間プロジェクトがこの夏、確かに琵琶湖にいたことを示す写真です。

あの日、僕たちは垂直尾翼取付けが破損してしまったこと、そしてパイロットの安全を最優先に考えて、鳥人間コンテスト2015タイムトライアル部門を棄権しました。


昨日の先輩の発表からは、棄権の悔しさが伝わってきました。そしてそれと同じくらい、激動の2年間を過ごし「やることはやった」という気持ちも伝わってきました。

僕たち32代に期待してくれていることも伝わりました。

鳥人間コンテスト2016。琵琶湖に返り咲くために、明日からまたみんなで楽しみ、苦しみながら飛行機を作っていこうと思います。

!!priority matrix 1011
                   現時点のボク(見づらくてすみません…)

まずは来週末日本女子大学で開かれる目白祭、11月第1週早稲田大学で開かれる理工展、そして荷重試験に向けて、1日1日を大切にしながらがんばっていきたいです。

 

32代代表 もとやす

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。