全組試験

こんにちは!設計の吉田です.

9月21日に行われた全組試験等の報告です.
これは10月3,4日と10,11日に行われる秋TFに向けた調整のためです.

この日行う予定だったのは

・全組試験
・重心試験
・テールパイプ荷重試験
・回転試験

です.

まず,全組試験についてです.
31,32代での組立は初めてだったのですが問題なく組立できました.
作り直したエレベータのニュートラル調整,ラダーの舵角確認も行いました.
エレベータは±10°可動できるようにし,ラダーは±10°可動していることが確認できました.
設計では15°ですが構造上の問題があるため,このままTFを行うことにします.

続いて,重心試験についてです.
30代パイロットに比較して31代パイロットは体重が10kg軽く,身長が15㎝小さいため椅子を前に移動させました.
それに伴い機体重心位置が変わり,取り付け位置で調整できないためバラストを載せることにしました.
尾翼と干渉しない位置でモーメントアームを十分に確保できる位置にバラストを搭載したかったため後ろパイプから3420mmの位置(エレベータ前)に1300gのバラストを搭載することになりました.
何を載せたらいいか検討中です.釣り具用のおもりか砂袋を載せようかと考えています.

そして,テールパイプ荷重試験についてです.
バラストを載せることでテールパイプにかかる荷重が大きくなるため念のため荷重試験を行いました.
2Gまで荷重をかけましたが異音は聞こえず問題は発生しませんでした.

最後に,回転試験についてです.
足元回転数で40,60,90rpmと90rpmからの急制動を行いました.
テンショナー及び駆動部には問題は生じませんでたが,電装からビーブ音が聞こえ原因が不明であるため現在調査中です.

以上が21日の報告です.全試において大きな問題は生じず予定通りの試験を実施することができました.

秋TFの見学募集していますのでご連絡ください.

ByB1O02CUAETYND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。