2013第2回試験飛行報告

皆さんこんにちは。設計の森田です。3月23日に行われた第2回試験飛行について報告します。

更新が遅くなったのを言い訳すると、2013年春の交流会が、TFの次の日に静岡理工科大学であったからです。
交流会に行った組の日程を書くと
22夜:積み込み → 23朝TF → 23昼:浜松など泊まる場所へ移動&観光 → 23夜:各自泊まり 24交流会
って感じの日程でした。(疲れた…でも楽しかった!)
浜松行った組はこんな感じでヒコーキ充しておりました。

…と言うわけではしゃぎまくって月曜日は倒れていた設計者なのでした…
交流会の記事はきっと誰かが書いてくれるでしょう!

さて、本題の試験飛行報告です。
第2回試験飛行ですが、今回は前回使った桶川のホンダエアポートではなく、富士川滑空場にて23日早朝に行いました。
今回の目標はジャンプ、行ければ短距離という目標でした。

毎度毎度組み立ての様子。今回は快晴でした!

この写真を見たとき、改めて人力飛行機をやってて良かったなぁと思いました。

飛行直前のSkyScraperと富士山

それでは動画をどうぞ!


今回から機載カメラが導入されました。後輪が浮いている様子がよく分かります!

動画にてみていただいた通り「チェーンが切れる」という事態が発生しました。
私たちのチームがもちいている自転車用チェーンは通常の使用では切れる事はありません。
チェーンの長さ調節に失敗し、つないだところが切れてしまいました。
また、チェーンきり、予備チェーン等あればすぐに飛行再開できたのですが、あいにくもってきていなかったため、プロペラを付けての試験飛行が続行不可能となってしまいました。
今後は試験飛行の備品を見直すなど、今回の反省を活かしていきます。

さて、このまま終わっては時間がもったいないので、たぶんWASA初(?)「ペラ無し走行練習」を行いました。
正面から風が2.5m/sほどあったので、ペラ無しで浮上直前まで持って行くことにしました。
重心を測って…

後輪が浮上(1.3°ほど機首が上を向くようにしてあるので、後輪から浮きます)

前輪もほとんど浮上直前だったらしく、ペラの最後の一蹴りが欲しかった。

さて、次回こそはジャンプ、そして短距離へと持って行きます!

追記:鳥人間コンテスト書類選考の結果が出始めたようで、緊張しています。今年こそは受かっていますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。