東京大学F-tec作業場見学

尾翼パーリー略してびよりーの広岡です。

今週は試験飛行が雨でなく、F-tecさんも試験飛行なしということだったので土曜日に作業場見学に行ってきました。

今回は他大学の作業場を見学してみたいという1年生が2名いたため一緒に見学しました。

差し入れをF-tecパイロットに渡すWASA駆動に入った1年生。
しっかりしています。

今回作業場に伺ったのは翼のプランクの立体きりだし(りっきり)について詳しい製作法を教えていただくためです。
WASAのプランクは2.5mmスタイロを曲げて使っていますが、尾翼の翼型ですと曲率が大きく、曲げですと場合によってはうまくリブに沿ってくれません→翼の再現率の低下につながる。
そのため今回りっきりをしているF-tecに見学しにいきました。

実際にやっているところ。

作り方、材料、りっきり用の熱線について教えていただき、過去の治具も1セット頂きました。
本当にありがとうございます。
F-tecは一昨年、去年と鳥コンで完走していますし、今年は優勝候補ですので個人的にすごく勝って欲しいチームです。
応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。