「全体・代表(チーフ)・広報」カテゴリーアーカイブ

2020年度の作業終了!!!

長らく更新をしておらず失礼しました。

WASA鳥人間pro.は2020年8月13日をもって37執行代として活動を開始しておりました。

大学からの規制緩和後も、常に感染の状況を鑑みて、スケジューリングや作業を進めてきました。前例のない事態の連続で、なかなか思い通りにならないことが多くありました。ですがひとまず会員から新型コロナウイルスの発症者を出すことなく2020年度の活動を終了できたことをうれしく思っています。

しかし、昨今の感染症拡大の第3波の勢いはとどまるところを知らず予断を許さない状況です。引き続き会員の健康を第一に考え、鳥人間コンテスト2021に向け機体製作を進めていく所存です。

今後ともWASA鳥人間Projectをよろしくお願いします。

37代代表 木下

次期副代表より プレテンション加工報告

こんにちは。次期副代表の中川です。先日、次期代表の木下が当り障りのないことを書き連ね、ちゃっかり勧誘もしたうえ、次期PMの清水さんがキリっとした決意表明を示す記事を書いてくれたので、もはや書かないほうが、まとまりが良いのではとさえ思う今日この頃ですが、軽いご挨拶と近況報告をしたいと思います。

さっそくですが軽い自己紹介をします。僕は次期代表の木下と同じく37代駆動・フレーム班に所属しています。座右の銘は

疾風に勁草を知る

日々是好日

です。前者は厳しい状況でこそ人の真価は分かる、後者は悪いことがあってもその原因を考え反省することでいい日々を過ごしていこうという意味です。実は僕らが本格的に作業できる期間って2年ほどとあまり長くないですし全ての作業がうまくいくなんてこともないので一回一回の作業から様々なことを学び、時には反省していくことが肝要だと思います。だからこそ『疾風に勁草を知る』、『日々是好日』の二つをより深く胸に刻み、この2年間を過ごしたいと思います。あれ、あんまり軽くないような気が・・・

さて、話を変えて近況報告をしたいと思います。先日フライングワイヤーマウントの荷重試験兼フライングワイヤーのプレテンション加工をしました。屋外で実施したためメチャメチャ寒かったです。諸事情によりあまり良いアングルから写真が撮れなかったのですがこんな様子でした。

次期代表からのご挨拶

こんにちは!次期代表の木下です。先輩から“ぶろぐかいて~!!”との指令がきたので引き受けてみたものの、はじめてなのできんちょーしております。

かるーく自己紹介をしておきますね!ぼくはWASA37代 駆動班の一年生で、WASA唯一の教育学部生です。(地学専攻なので一応リケイです、はい。え?将来教師になるのかって?教職とってないエセ教育学部生なんです…ごめんなさい…)

高校のとき、Youtubeで鳥人間って検索かけると一番最初に出てくるパイロットがめっちゃ名言言ってる某動画を見て、鳥にはまってしまい、ついには鳥人間チームの代表になってしまいました。頼りないですが来年からはよろしくお願いします!!!

さてさて、これで今日はばいばいっていうのもあれなので、先日届いた37代のつなぎの話でもしようかなと思います。つなぎっていうのは作業の時とかに使う上の服とズボンがつながってるあれです。実はこれ、鳥人間民にとっては必須アイテム!!特に荷重試験(飛行中にかかると想定される力を桁にかける試験のこと)のときには安全のために着用が義務付けられているですよ。やっぱりあんなに大きい機体を作るにあたっては安全対策は徹底されてるんですね~。 他にも僕の所属する駆動班ではとにかく

毎日削ってばっか

なのでカスが服につかないよう毎回つなぎを着て作業してます。便利なんですよね~これじつはWASAのつなぎ、そこら辺のつなぎとはちがうんです!!! 代ごとに背中とか胸のデザインが違うんです!!代によって違うかっこいいつなぎを身に着けて作業をすれば、

作業のモチベもアゲアゲですなぁ~ ちなみに今年のつなぎはこんな感じ!

 

   ☚ これがうちのつなぎ。

 かっこいいでしょー

    ちなみにこいつは駆動班の

 同期の一年生で、なんと

  次期空力設計!かんざし

っていう桁の接合部の土台

を加工している最中のようです。

 

 

 

 

 

☝ これが胸のデザイン

これが背面デザイン ☞

胸のデザインは次期空力設計のお友達が、背面デザインは僕がやりました。(次期空力設計のお友達の方、とってもかわいいデザインをありがとうございました!!)

僕の担当の背面デザインの方には”Be a Birdman, 2021 In Lake BIWA”というメッセージを入れさせてもらいました。これには37代が執行代となる2021年に、必ず鳥人間コンテストに出場し、琵琶湖で37代みんなで鳥人間になろう!という思いが込められています。

 

 

群青のつなぎをまとい、僕らが立ち向かうのは琵琶湖の湖上の

「一人では目指せないソラ  」  です!!

 

僕たちみんなと一緒に鳥人間になって、琵琶湖の空を翔けていきませんか???

WASA鳥人間pro.では新入生の入部、および途中入部を待望しております!

ちょっとでも興味を持った方はお気軽にご連絡下さい!!

あなたと一緒に飛べることを楽しみにしています!!!

 

おっと長く書きすぎましたね。それではまたどこかでお会いしましょう!ばいば~い!!

 

早稲田大学教育学部理学科地球科学専修1年

早稲田大学宇宙航空研究会WASA 次期代表 木下岳

サイクルジャージ一般販売のお知らせ

しゅよしゅよしゅよー!!

みんな久しぶりっしゅよ

 

今回は僕から素敵なお知らせがあるっしゅよ!

な・ん・と、今年のサイクルジャージの一般販売が決定しったしゅよーーーーーーー

以下のフォームに回答すれば、申し込みできるっしゅよ

今年のデザインはCanopusのイメージカラーである緑がベースになってるしゅよ

皆さん、ぜひ購入の検討を!!

締め切りは6/19(水)です。

以上、しゅよっくんからのお知らせでした。

申し込みを締め切りました。

鳥人間コンテスト出場決定!!!!!

お久しぶりです、35代代表の中嶋です。この度は皆様にご報告があります。

 

4月3日に鳥人間コンテストの合否通知が届き, 無事

鳥人間コンテスト2019へ出場できることが決定いたしました!!

やったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!良かったぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

これから益々機体製作に励んでいきますので, これからもWASA鳥人間プロジェクトをよろしくお願い致します。

 

大会の詳細は決まり次第随時お知らせ出来ればと思っております!

 

2019年度機体名がついに決定!!

こんにちは!WASA35代代表の中嶋です。

2018年の大晦日, 皆さんいかがお過ごしでしょうか。きっと今年1年間を振り返りながら, 大切な家族や親しい友人と温かい時を過ごしていることでしょう。僕は百貨店でめっちゃおせち売るバイトしてます(お布団で寝てたい…)。

そんな今年の締めくくりの日である今日,WASA 2019年度機体名が決定したためこの場で発表させて頂き, その後今年僕が感じたことを軽く書かせて貰いました~。

 

・WASA 2019年度機体名は,

Canopus(カノープス)

に決定致しました!

Canopusという名はギリシャ神話におけるトロイア戦争時の優れた操舵手の名前”カノープス”に由来していると言われていて, その航海にはいくつもの困難が立ちはだかったけれども, 最終的にそれらを乗り越え目的地にたどり着くことが出来たそうです。また, アラビア語ではパイロットの姓と同様に”スヘイル”と呼ばれ”輝くもの”という意味を持ちます。Canopusには, 案内者としてパイロットのスヘイルと共に, 琵琶湖で幾多の困難を乗り越え輝いて欲しい。そんな思いでこのような名前に決定致しました!

実は他にも魅力的な候補が多数あって非常に残念ですが, そちらは来年以降の機体名に期待ですかね笑笑

 

・今年を振り返って

夏に先輩が引退し執行代が自分の代に変わり, 部員それぞれが色々な思いを抱えながら作業してきたと思います。僕自身,この活動って「鳥人間コンテスト出場を目指し, 人力飛行機を製作する」と言ってしまえば凄く単純で分かりやすいですが, 実際には悩んだり考えたりしないといけないことも沢山あって, それでもみんなが知恵を出し合って同じ目標に向かって頑張るっていうとても素敵な活動だなぁと感じた一年でした。だからこそもっと多くの人に, 鳥人間のことやそこで頑張っている人のことを知ってもらいたいなとも強く感じています。中々難しいんですけどね笑。

そんな気持ちを忘れずに来年も活動していきたいなあ~~~~。

最後になりますが, 今年様々な形でWASAをサポートして下さった皆様, 本当にありがとうございました。そして大晦日にこんな記事を読んで下さっている読者の方, ありがとうございました。

来年もWASAをどうぞよろしくお願いします!ではでは良いお年をーーー!

35代 代表 中嶋和志